2012年3月1日木曜日

【Ps Vita】Wipeout 2048 ★おすすめゲーム

「ゲームで車運転するくらいなら現実で車に乗れば良い。」



Ps Vitaが発売されてからロンチ後のゲームの中で最も楽しみだったゲームはこの、Wipeout2048です。

スーファミの頃から64までのF-ZEROが大好きだった俺にはこのゲームが1月に発売されるとなった時、ウヒョーっとなりました。

このゲーム、実はPlayStation,セガサターンの時代から発売されている結構古いシリーズだそうです。
(PS持っていながら全然知らなかった。)

ゲームを始めてまず驚くのはその画面の美しい事。


(上記の写真達はSSを撮るつもりで撮ったわけでは無いので非常にテキトー。すんません。)

近未来な都市に近未来なレーシングコースはPsvってすげぇなぁ~と実感させられます。

都市には電光掲示板のようなものがあってそれにCMが表示されているのですが、それもかなり凝っていて芸がとても細かいです。

ただこのゲームをやって感じたのは2番目の記事のPsvの項目であれだけ自分が据え置き派でない事を明言しておきながらなんと久々に据え置きの大きな画面でゲームがしたいと思いました。

レースゲームをはじめてやったのはF-ZEROでF-ZERO64ではその余りのスピード感に動機が激しくなったほどです。

(これはPsソフトのRage Racerのオーバルコースでも同様の爽快感を得る事が可能です。)

確かにWipeoutの爽快感はこの小さな携帯機からは伝わったものの、このレースゲームに限っては据え置きの「サンプル」でしかないな、と感じました。

(これが人によってはRPGで、アクションゲームで、感じるのでしょう。まだまだ据え置き派が多い理由をこのゲームで如実に実感しました。)

このゲームではスピードによってランクが分けられています。一番遅いのがEクラスで一番速いスピードのランクがS+クラスです。

EクラスカップをクリアするとDクラス次はCクラス、とどんどんスピードクラスが開放されていくのです。

Aランクくらいからとても速いのですが、

携帯機の小さい画面では画面に吸い込まれるんじゃないかと思うほどのスピード感を体感するのは難しいです。

どちらかというとスピードが上がったと感じるよりは、よりカーブがいやらしく感じられるという類のスピード感アップです(しかし下のランクに戻ると確実にスピードが下がっているのが分かります。慣れってコワイネ!)

これは本作の常連のファンからは「邪道だ!」としかられるかもしれませんが、

折角スピード感のあるゲームなのに気持ちの良い直線のコースが非常に少ないです。

もうちょっとそういうコースが欲しかったなぁ~というのが正直な感想。

カーブ滅茶苦茶難しい!

あとこの点が非常に勿体ないなと思ったのですが、PSVがまだあまり普及してないのと、

ビッグタイトルでないのであまりオンラインに人がいません。

このゲームのオンライン機能は一つのコースをクリアすると自動的に次のコースに移る事になるので、もたもたしていると自分だけそのコースに取り残されて、レースを開始する事が出来ないのです。

オンラインでのレースは4名集まってようやく開始する事が出来ます。

ロビーに自分しかいないなんて事はざらですし、たまに開始してもエラーが出て機体爆発なんてことも・・・(ちなみに俺のNATタイプはNAT2)


レースゲーム初心者には滅茶苦茶難しいゲームなんですが是非是非購入して欲しいゲームの一つ!

その日やって難しいと思っても次の日になると自然にクリアできるようになってるというスルメゲーです。諦めずに頑張れ!


ゲームは現実で出来る事をする必要はないと思っているのですが、レースゲームやスポーツゲームはその最たるもので、

レースゲームで車を運転したり、スポーツゲームでテニスをやったりっていうのはあんま意味が無いと感じてしまいます。

現実にゴブリンやドラゴンが居て、剣を振りまわして命がけで戦わなきゃいけない世界なら、恐らくゲームでそれをやる事は自分はないでしょう。

中東や南アフリカで厳しい生活をしてる人にFPSのようなゲームを渡したら果たして面白いと思うのでしょうか。

俺だったら凄惨な現実を否応なく毎日見せられているのにゲームでまでそれをやりたいとは思わないでしょう。

或いはヒエラルキーの下の方に居る人達、虐げられる人達はある種の快感を覚えるのかもしれません。

  (エロゲーだって現実に絵のような人がいないからだったり、現実でやったら逮捕されちゃう可能性があるような事をゲームで出来るからやるんでしょ!?・・・いや分からんけど。ちなみに俺はエロゲーは少しだけ持ってます。ま、それはまた別のお話)

そういう意味でこのゲームやF-ZEROは「非現実感」を味あわせてくれる数すくないレースゲームです。

免許をとってもF-ZEROやWIPEOUTのマシンには乗れません。

滅茶苦茶面白いです。

あんま売れないのが勿体ないくらい!

ちなみに俺はパッケージ版を購入したのですが、ダウンロード版を購入する事を個人的にはおすすめしたいです。

何故ならあいた時間にぽっと遊んだりするのにこのゲームは最適で、そういう時にわざわざソフトを入れ替えるのは手間です。

個人的にパッケージ購入文化が廃れるのは嫌なのですが、ダウンロード版を買うのが当たり前になりつつあるという「近未来」も実感したゲームでした。



「でも現実で車に乗れるから普通のレースゲームはやらないって言うけどお前レイジレーサー散々やってたじゃん。」



(∩゚д゚)アーアーキコエナイ



【筆者:ロジオン】


WipEout 2048
WipEout 2048
posted with amazlet at 13.01.07
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2012-01-19)
売り上げランキング: 3,395

0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Reader