2012年5月16日水曜日

【Monologue】大期待!Soul Sacrifice

「Ps Vita最大の注目作品」


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

物凄い新作が発表されました。

Soul Sacrifice.

ソウルサクリファイス

タイトルからして、デモンズソウル、ダークソウルの系譜を継ぐゲームなのではないかと様々な憶測が飛び交いました。

ゲームの情報が小出しにされるにつれて某ゲームクリエイターが関わっているのではないか、という事が分かってきました。

前回大コケしたゲーム天国にこれまたネット情報に毒された人(筆者含める)

にとってはあまり印象の良くないお馴染みの顔、稲船さんが登場されてしかも「まだ発表出来ない」

とか言って更にゲーム天国をズコーッとさせたのですが、

「稲船らしいゲーム」とはどうやらこのゲームの事を指していたようです。

この時点ではまだゲームに関する具体的な情報は皆無だったため一気にがっかりしたかのような雰囲気になってしまいました。


筆者も例外ではありません。

というのも稲船の名前がネットで頻繁に見かけるようになったのは多分本人的にも想像を絶する厳しい状況であり精神的に追い詰められている状態で多数のネガティヴな記事をブログに投稿していたからです。

多くの人はあれを見て決して良い印象はもたないかと思います。

正しい事でもどう伝えるかによって人はそのロジックよりも印象で物事を判断してしまう罠によく陥ります。(最も細かい事は省きますがロジック的にも多くの矛盾は見られます。その辺は当ブログより他の情報サイトの方が詳しいでしょう。)

稲船氏は当初海外と比較して日本のゲームは駄目だ、と繰り返しあながち間違ってはいないと思っていました。

ブログには沢山の批判コメントがついておりこれは凄いなと思って擁護のコメントを筆者はつけたこともあります。

しかし稲船氏のインタビューがなどがネットに載るたびに「これはちょっと違うんじゃないか」とか「矛盾しているんじゃないか」と思う事が多くなり

最近のモバゲーグリーを持ち上げたインタビューなんかは筆者にとっては決定打となりました。

この状況で稲船氏が何らかのゲームに関わっているというのは少なくともネットユーザーにとってマイナス要素でしかないわけです。

しかし後日行われた発表では、予想を遥かに上回るゲーム画面が用意されていました。

「そうそうそう!高性能携帯機というからにはこういうのがやりたかったんだよ!」

と、思わせてくれる雰囲気のゲーム画面になっています。

Vitaは携帯機としては破格のスペックを持っているがために、それを最大限に活かしたと思われるゲームは現在はまだ、ほぼ無いと言っていいでしょう。

(例えばラグナロクオデッセイの戦闘スピードがマルチプレイでも変わる事が無いとかは密かに凄いと思えるところですが目に見えてこのゲーム凄そう!って思わせてくれる作品はまだないのが現状だと思います。グラフィックで凄いと思えるのはワイプアウトやFPS系のゲームになるんじゃないかな?)

この出来でまだ全体の50%というのだから、どこまでブラッシュアップされるのか楽しみでなりません。

タイトルとしては新作ですが、間違いなくビッグタイトルになるのではないでしょうか。

表に立つゲームクリエイターだけを見てゲームの出来を予想(期待)するのは政治家だけを見てその後ろに控える官僚の事を考えずに政治を判断するようなものです。

木を見て森を見ずってやつです。

良くも悪くも近年それを実感させられる事が沢山あります。

このゲームはいい例の一つだと思います。(悪い例は期待していたクリエイターの出したリメイク作品がリメイク元よりも劣るとかいう場合。)

と言う事は表に立つのは稲船氏なのですが、製作陣の中にニーアの製作に携わった元キャビアのクリエイターが関わってそうだったり(飽くまで想像の域を出ない)、SCEJが関わっていたりで、デモンズソウルやダークソウルなどの「ソウル」と付く作品と全く性質の事なるゲームだったとしても、そのクォリティはそれ等に劣るものと考えるのもやや悲観的だし時期尚早なのかなと、ゲーム画面を見た時考えを改めました。

何よりも携帯機でこういうゲームが出来るっていうのは凄い事ですよね。

PCでMOやMMOを遊んでいた時、パソコンをつけないでもディアブロが携帯機で出来たらな~とか考えた事がありましたが、それは夢また夢、妄想のようなものでした。

ただし、モンハンに未練があるようなUIや、だだっ広いマップは、やや気になるところです。

この手のゲームはどんなにグラフィックが進化し、キャラクターがドット絵からリアルなキャラグラフィックに変化したとしてもマップに対する価値観が進化する事あまりありません。

直の戦闘画面やキャラクターのグラフィックの進化に目がいきがちでマップにギミックがあるゲームを思い出そうとすると、びっくりするくらい頭に浮かんできません。

(遡ればファンタジーならウィザードリィやデモンズソウル、ベイグラントストーリー、が挙げられるでしょうか。)

ダイナミックな魔法を扱うゲームなので、恐らくマップが細かいとそれを格好良く見せるためにはああいうマップでないと厳しいのでしょうが、何らかの仕掛けが欲しいところです。

ディズニーランドなんかに、乗り物にのって進んでいくと順々と景色が変わるアトラクションがあるじゃないですか。

今のところアクションRPGのマップってあの程度でしかないんです。

ラグナロクオデッセイの要望にも出したけれど、マップは外観こそ違うけれどそれは色や雰囲気が違うだけで実は全く一緒のところで戦っているんですよね。

捻くれた(良い意味で)稲船氏は普通のファンタジーは作りたくなかったしファンタジー自体それほど好きかと言われるとそうではないジャンルだと述べています。

その捻くれ加減が派手な見栄えのする戦闘やキャラクターグラフィックだけでは無く、マップの構造、システム自体に活きてくれればなと思います。

システムに関してはもう既に一癖も二癖もありそうなものが公開されていますが・・・

そして協力では無く共闘せよというキャッチコピーですが、この雰囲気のゲームでPK(Player Killer)が出来ないというのはややご都合主義っぽいので出来て欲しいなぁ。

「ここだけの話しPK大好きなんですよ。
なんでかっていうと強いプレイヤーに負けた時、悔しいけれど頑張ろうという気になるし、相手が強いプレイヤーで今絶対勝てないという事が分かっているなら

その段階で出来ること、例えばその人と直面したらどうやって工夫して逃げだすのか、とか、これがあるだけでゲームに緊張感がぐっと増して、工夫をするようになるじゃないですか。

そしてMOにしろMMOにしろ複数の「違う人」が集まるゲームなので絶対に人同士のトラブルは起きるわけです。

近年のMO、MMOにはそれを解決する手段がありません。(FPSはそもそも人を殺すゲームだから別です。)

そのために表面的には仲良しであるという事を強いられるものの、実情はどろどろとした人間の感情が渦巻き、それに無理矢理ふたをしなければならないのです。

PKとはそれらを解決する最もシンプルな解決方法です。

こういうダークな世界観ではそういうアンモラルな要素も用意されてればなぁ。現代のゲーム事情じゃ厳しいかなぁ?」



アートワークも素晴らしいんですよ。

人によっては  Magic The Gathering、バルダーズゲート、ベルセルクなどを思い出すんじゃないでしょうか。(筆者はアートワークを見た瞬間、この三つを思い出しました。)

ただ魔法に関しては、特にエクスカリバーなんですが、洗練されてないというか洋物独特のだささを良く分かってるっていうか(笑)

これに真っ先に目が行っちゃうっていうのは悪い意味で衝撃的で、中々頭から離れ無さそう。


最後に筆者が最も気になったのは稲船氏がどうしてVitaにゲームを出そうと思ったのかな、というところ。

稲船氏のインタビュー等を読んでいる人ならご存知の通り、利益至上主義っぽいところがあるじゃないですか。

最近のモバゲーグリーのなんかはそれが顕著ですけれど。

Vitaは本体的には素晴らしいとは言っても普及してるかしてないかで言ったら誰も普及しているとは思って無いでしょう。

そういうゲーム機に今なんで稲船氏がゲームを出そうと思ったのかなって事。

ここが凄く気になるな~。

他で採算が取れてるってことなのかな~。

普通に考えたらこのゲームの雰囲気にVitaの組み合わせって最強であると共にお世辞にも大ヒットするっていう想像が出来ない。

レベルファイブの社長とは真逆の考えで、俺が引っ張ってくっていう気持ちがあるって事なのかなぁ。

レベルファイブの社長でなくとも堅実に利益を求めなきゃいけないっていうのはどこの会社でもこういうご時世当たり前で、だからこそゲームも既視感が強いものばかりでつまらないとユーザーは感じるんだけど、

ここまで一歩突き抜けた感のするゲームは久々ですよね。

いずれにしても見てない人には一度ゲーム画面を見て欲しいです。


【公式サイト】
http://www.jp.playstation.com/scej/title/soulsacrifice/ja/

【マルチプレイの動画】
http://www.youtube.com/watch?v=YDE2m4P72eY&feature=relmfu

一度ビッグマウスで不特定多数の顔も知らない人間に悪印象をもたらしてしまってから、もう一度第一線に立ちを行動で示すというのは実はとんでもないプレッシャーだと思います。

今回の発表会はその悪印象を挽回するのには十分な発表会だったと多くの視聴者は思ったのではないでしょうか。

この調子でゲーム完成まで頑張ってほしいです。





早くだしてくれえええぇええええぇええぇえええぇええええええええええええ。
出したら10本くらい買って配るよ。(くらいの気持ち)


【筆者:ロジオン】



SOUL SACRIFICE ソウル・サクリファイス (通常版)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2013-03-07)
売り上げランキング: 111

SOUL SACRIFICE ''共闘'' ダブルパック
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2013-03-07)
売り上げランキング: 268

PlayStation(R)Vita SOUL SACRIFICE PREMIUM EDITION
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2013-03-07)
売り上げランキング: 1,209

0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Popular Posts

Reader