2013年4月23日火曜日

【PS Vita】Soul Sacrifice 次回作へ望む事




どーも、トゥイッターで長文を連投すんじゃねぇと日々怒られ、そして引かれてるロジオンです。

発売からちょうど一ヶ月でプラチナトロフィーも取れました。

アクションゲームが苦手な人にとってもそれほど難しい条件のトロフィーも無く、プレイの仕方を限定するようなものもなく良かった。

トロフィーを集めるのが好きな人にとっては少し物足りない内容だったのかな??

さてとプラチナトロフィーも取ったので一つの区切りと言うことでもないですが、体験版のときのように次回作の要望でも書きます!気が早いですけどね。

でもこのゲーム、次のタイトルがSoul Sacrifice2っていう安直なネーミングはちょっと想像できないよな~。

他の狩りゲーと違って三社合同っていう特殊な製作体制だから次回作も簡単には出ないんだろうし。

音楽だってスカイウォーカーサウンドで録っているし。

というわけで次回作への要望です。


1.前衛のアクションが物足りない。勿論コンボゲーでは無いけれど同じ剣魔法でもモーションが違ったり必殺技が違ったりした方が楽しい。

2.溜め技というのが単調。必殺技を出して無双するゲームではないけれど、もうちょっとボタン連打&押しっぱ以外のテクを問われたい。

3.普通のゲームで言うところの武器強化が供物強化にあたるが、特に武器魔法は表現が簡素のため、もう少し武器らしさが欲しい。ここは魔法という事を意識しすぎていると思う。

4.2に関連する話だけど羽魔法、投擲魔法、武器はもうはどうしても連打しているという感じが否めない。PSO2ではボタンをタイミングよく押すという形で前衛は単調さを解決しているけれど、ソルサクも何らかの解決策を提示して欲しい。

5.どのゲームでも極端に遠距離な設定をしなければ大体遠距離は強い。人間に対して強いというのは分かるけれど、相手は大抵モンスターなわけだし、ハーピィなら飛んでいる時羽ではじいたり、ケルベロスなら逞しい腕で振り払うなどそんな動作が欲しい。投擲攻撃もテクニックが問われて欲しいけどどうテクニックが問われるべきなのかは思いつかない。

6.スライムやエルフ女王、フェニックスなどは結構遠距離攻撃するし、ハンティングアクションっていうよりは弾幕シューティングゲームって感じなのでゲームスピードが速くてももっと動きを見極める必要のあるゲームにして欲しい。ケルベロスやワーウルフ、デュラハン、ワイバーンなどは凄く気持ちよく負けることが出来る。

7.例えばの話だが、魔法のかまどのようなものがあって、上位の供物は下位の供物に分解出来れば便利。

8.供物作成は1パターンだけではなく、3パターンとかあるともう少しイメージ的には楽になる。強化も同じ様に同じ供物を組み合わせるだけではなく、強化用に何かあるといいかも。

9.供物300種類という字面を見れば多く見えるけど、大元の供物と進化系を含めてなので、実際そこまでの数は感じない。名前やエフェクトを変えただけのようなものもある。
ワイバーンからもらえる移動魔法はもぐらよりも性能は良いがエフェクトはもぐらのものと一緒なので、ワイバーンと全く同じエフェクトだったり、移動速度のものを使いたかった。
数の割りには意外と変わった魔法も少ないので、供物構成で他ゲームでいう職業を再現出来るという次元まで行って欲しい。素人考えで思いつくのは自分の体力の半分を分け与えて生み出す分身魔法や二刀流、自動復活、かなぁ。結界魔法や、時止め、味方の強力が必要な魔法はとても良かった。

10.武器魔法が少ない。同じ剣魔法であったり、同じ属性であっても違うルックスのものが欲しいし単純に武器種がもっと一杯欲しい。剣だけでも片手剣、両手、刀くらいの種類は欲しいし、槍や鎚が欲しいという人も。

11.供物は意外と装備品を集めているという感覚に乏しいし、魂や気はとても地味なので、衣装の数はもうちょっと増やして欲しい。

12.フィールドが簡素である必要性はゲームをプレイして十二分に理解したけれど、やはり魔物との戦闘以外にもう少し要素が欲しい。別に歩けなくとも古いゲームのように施設のイメージイラストがあってそこで出来る事が項目で表示されるというような。
ルナティックドーン(前途シリーズ)やカードワースは広いフィールドを歩かせる事こそしないけど、施設は豊富だし、想像力を働かせる文章も同様に豊富。

このゲームなら本のページに供物屋やアヴァロンが描かれていてタッチすると受付のメニューが表示されるみたいな。

13.やはりここもイメージに関わる部分だけどこのゲームの文献に強く惹かれる自分にとって、シングルの時だけでいいので、アヴァロンの要請録に一つずつ違うエピソードが設定されているともっとゲームに没頭出来るし想像力が働く。今の段階では2パターンくらいしかないので。

14.今回は主人公やニミュエ、マーリンなど個人に焦点をあてたお話だったので、次はもっとアヴァロンや聖杯に迫って欲しい。

15.調整が必要だろうけれど対人戦(PvP)が欲しい。本編にもニミュエ、シビーラ、モルガンその他追っ手など、生身の人間とのバトルがあったのでどうしてもやりたい。
曲者揃いの魔法使い達だし、元々ダークヒーローの設定なのだから是非やって欲しい。

16.通称フレンドリーファイアーは絶対に残すべき。別にイタズラや邪魔する目的だけじゃなくて自然と他人のプレイスタイルに配慮した動きになるという意味で機能しているしウザいだけじゃない。ゲームに違和感と不便な部分は絶対に必要。不自由の無い爽快感は後に何も残らない。

17.チャット定型文は過去例を見ないほどユニークだが自由チャットの出来ない戦闘中の定型文の内容は流石に編集できて欲しかった。例えば何かをミスったり死んだ時「間違いだ!」でも面白いけど、素直に「ゴメン!」と言いたいこともある(笑)また死んだ後の定型文は生きてるときと微妙に内容が異なるが、これも「今助けるな!逃げろ!」など言いたい。
しかしここ最近はネットマナーが上昇したのか定型的になったのかは分からないが、割と敬語が当たりまえみたいになってきた中でラフで不敵な台詞揃いの定型文は非常に良かった。
ネットには単に敬語を使ってるだけで失礼でえらそーな人一杯いるしね。
当たり前の事は当たり前に出来て普通の事であって威張る事じゃないと思うけどね。
ゲームにも最近そういうマナーにぎちぎちなだけの人、凄く多いよね。
ゲーム内でまで会社員をRole Playしててある種面白いけどね。

18.動けないロビー。他のゲームはロビーで動けることからソルサクのロビーは若干不評のようだが、これが本という事を考えると良い表現だと思う。ポーズもユニークだし4人揃っている時は一枚の絵のよう。しかしこれも位置によって固定のポーズではなく、ポーズを選べればよかった。

19.探索クエストはつまらない。フィールドの記憶を集めて再生するのは面白かったけれど、他の探索はやる事が全て一緒。これをやるくらいなら、衣装の素材集めでもよかった。

20.発売当初こそ衝撃のあるグラフィックだったけれど後発であるGE2や討鬼伝のモンスターは質感が凄い。次回作は更にグラフィックを上げて欲しい。

21.これだけRole playして不自然じゃないゲームも珍しいのだし、痛い自己紹介文の書けるギルドカードが欲しかったぜ!なんたってアヴァロンの一員なわけだし。

22.本作はこれからも同行者エピソードは増えるのかもしれないけど、次回作は最初から多く!!

23.ゲーム中とは言えヘッドフォン付けてもCDとゲームとで音楽の音が違いすぎる。エンディングだけCDと同じ音だった。


大体こんなところでしょうか。僕は割りと古い世代のゲーマーなので、製作者に対して意見を採用されるというのは良い事だと思うけれど同時に製作者の強いこだわりも見せて欲しいと思うし、近年の声の大きいプレイヤー側の態度は余り好きじゃないです。
製作者はプレイヤーの御用聞きではないし・・・
ゲームの操作に関する要望は至極真っ当だと思うけれどゲームの中枢部に関わる要望は叶ったら良いいな、くらいの気持ち。
勿論自分の要望が叶ったらそれは嬉しい事ですけど「自分の要望聞かない開発・運営は糞」みたいな人も多いですね。

それに自分の要望意見含め大抵はド素人の発想なので、それをそのまま叶えてくれるよりは、自分の要望は通らなかったけど自分が想像も出来なかったような驚きをゲームでは見せて欲しいです。

所謂続編が簡単に出せるようなゲームではないだろうけれど、更に斬新な進化を遂げたSoul Sacrificeを楽しみにしています。

出なかったらSCEをうらんじゃうよ~。




筆者ロジオン

0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Popular Posts

Reader