2012年6月4日月曜日

【3DS】クリムゾンシュラウド(Guild01)に収録されている短編の一つ)その1「前書き」 ★おすすめだが人を選ぶ

「歴戦の冒険者から駆け出しの冒険者にまでお薦めできる燻し銀の一作」


前書き
「本作はレベル5社員松野泰己の当時の最新作だと今では考えられている。

どうやら異なる作者が集まって作った短編集の中の一つの作品のようだ。

"真紅の聖骸布"

中世を舞台にしたゲームブックである。

2012年の5月頃に発売された事を考えれば決して新しいスタイルのゲームでは無い。

むしろ外観だけで判断してしまうなら一言で古いゲームと言われてしまうだろう。

中世舞台にドラゴン、ゴブリン、宝箱・・・

どれもが貴方方冒険者にとってはウンザリするような単語ばかり。

無論このゲームを手に取ってみると、想像以上に地味なのだ。

それはまるで、現代の豪奢な、ある種過剰な世界に慣れた私たちの感性を試すかのような地味な世界だ。

しかし外観の簡素さに騙されてはならない。

今我々が手に取れる距離にいながら足早に去ろうとしている地味で一見新しさの無いこの物語は

冒険者にとって永遠の名誉ある戦歴として残るであろう最上級の冒険経験である。

得意絶頂になってゴブリンを殴り倒したあの日々。

まさか我々の見知った隣人とも言える怪物達が再び私達の生命を脅かすとは思いもしないだろう。

そう、この物語は日々新たな冒険に挑む者に送られた挑戦状(ギフト)なのだ。」




【筆者:ロジオン】

GUILD01 (ギルドゼロワン)
GUILD01 (ギルドゼロワン)
posted with amazlet at 13.01.07
レベルファイブ (2012-05-31)
売り上げランキング: 4,385

0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Popular Posts

Reader