2012年11月3日土曜日

【PC Games】PSO2はじめちゃいました!最序盤レビュー



いやー、とうとうはじめちゃいましたよ!

PSO2!

MORPGとしては破格のアクション性ということで興味があったのですが、Vita版来るまで待機という予定でした。

しかし、我慢できずにPC買っちゃいました!

グラボはGTX650、電源は550wというあまりゲームPCとしてのスペックは高くはないのではと思います。

しかし今のところは凄く快適です!

キャラクタークリエイトも言われてるとおり自由度が高いです。

ただキャラメイクはエステといわれる画面と実際のフィールド画面ではずいぶん印象が変わります。

それはキャラクタークリエイト体験版の動作確認でも多少わかるはずですが、

まず鼻筋が通ってるキャラでも潰れて見えてしまったり、外のフィールドだと肌の色が白くなりすぎちゃったり、眉毛の色が淡い系の色だと無いみたいに見えちゃったり・・・

エステ画面
これがゲームプレイ画面になると・・・

ロビー
ほとんど写メ詐欺レベルじゃねーか!

下の写真なんてどうかすると渡辺杏に見えるぜ!あんま好きな顔じゃないんだよねー!

(スミマセン)

上記の画像とおり結構ゲーム中とエステ画面では変わってしまいます。
(ちなみに画質は両スクリーンショット共に描画設定3(Max5まで))

ちなみにこれは男キャラです。

最初のクラス(職業みたいなもの)はハンター、フォース、レンジャーの3つの中から選べます。

自分は脳筋・高速キャラが好きなのでハンターにしました。

ちなみにハンターをレベル30にするともっと前衛特化なファイターを選べるようになるみたいです。

目指せファイター!


ハンターはソード、ワイヤードランス、パルチザンと、3つのクラス固有武器を使うことができます。

ソードは最初からフォトンアーツ(必殺技みたいなもの)が使えるのでハンターを選んだ場合は恐らく皆さんはソードを使うのではないでしょうか。

ソードとは言っても人の丈ほどもある大剣です。

このソードの操作性はゴッドイーターのロングソードの感覚に極めて近いです。

全ての武器攻撃にはタイミングよく攻撃ボタンすることでダメージがあがるようになっています。

そうすることで単なるボタン連打ゲームになってしまうことを避けているのは良い対処だと思います。

また通常攻撃から必殺技につなげたり、回避アクションがあったり、防御アクションがあったり、オンラインゲームとしては破格のアクション性を誇ります。

近年ハードのスペックの上昇に伴い、ゲーム画面ばかりにそのスペックが使われがちですが、ゲーム性にそのスペックが割かれるのは希望があります。

MMORPG、MORPGといえばいまだにクリックゲームやボタン連打、棒立ちアクションが多い中で動かしてて楽しいオンラインゲームというのはせいぜいこのゲームくらいなんじゃないでしょうか。

ただ攻撃の音が少し軽かったりするのは気になります。(効果音フェチなので・・・)

この世界観でMOでは無くMMOだったらもっと良かったのになぁと思います。

まぁMOのほうが遊びやすいんですけどね。

チャットのショートカットメッセージなんかはVita版のほうがずっとやりやすくなるかなと想像しています。

なぜならばパソコン版でショートカットメッセージを出す場合、一旦コントローラを置いてキーボードに向かわなければいけないのですが、Vita版なら恐らくタッチ一つですみそうなところが良いです。

アイテム使用に関してもこの手のゲームでのVitaのやりやすさは群を抜いていますね。


Vita版ではキャラクタークリエイトがどれくらいのクォリティになるのか、ということは未知数です。

PC版キャラクタークリエイトの画面の質に関して、言われてるほどの衝撃はありませんでした。

今まで高スペックPCゲームに触れたことの無い人が免疫が無いところでオーヴァーにこのキャラクタークリエイトを評価しているだけ、という風に感じます。(キャラクリの幅ではなく、画質に関して)

なのでVita版のキャラクターの顔はyoutubeの動画等を見る限り描画設定1以下に感じるなどとおっしゃられてる方がいましたがそれはありえないと思います。

しかし雑誌、youtubeなどでキャラクターの顔を見ると若干潰れてるように見えるのは気になります。

(ちなみにPSO2やってらっしゃる方はわかるでしょうが描画設定1はキャラクターの見た目は怪物の領域です。Vita版のキャラクターのクォリティはそこまでの領域には達しておりません。)

また、Vitaユーザには別の記事でも書いたとおり、意外とインターネット環境に強くない人が多いので、PCユーザはその点を大変心配しているのではないでしょうか。

元々Vitaはネット環境自体には強いと断言してよいですが、肝心の使用する人が良くわかってなくて3Gで繋げてしまったり等ありえないことではないから、こういう点に関しては別途詳細なマニュアルが必要なのではないかと思っております。

というわけで今回の最序盤レビューはこれくらいで終わりです・w・

次からはプレイ日記なんか書けたらと思います。





筆者:ロジオン

0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Popular Posts

Reader