2013年3月24日日曜日

【ソウルサクリファイス】共闘サミット【体験レポート】on秋葉原・新宿



ソウルサクリファイス
共闘サミット 

共闘レポート



主要都市3ヶ所で「共闘サミット」と銘打った体験イベントが行われました
筆者岡野は秋葉原と新宿で開催されたものに突撃してきたのでレポートしていきましょう


<共闘サミットってなんぞ?>

3月に大阪東京で行われたソウルサクリファイスの体験イベント
ディレクターやプロデューサーと共にまだ配信されてない魔物を先行共闘できたり、綺麗なお姉さんとハーピーやケルベロスをプレイすると、イベント限定供物「精霊の氷綿毛」がダウンロードできるプロダクトコードがもらえたりします。
更に1回体験するごとに抽選でステッカーやリブロムのブックカバー、グローブが当たる。
そんな素敵なイベントです



<秋葉原大会>

3月9日、東京秋葉原、ベルサール秋葉原で行われました
その様子を写真と共にお伝えしていきましょう

想像以上の暑さに見舞われた東京
ベルサール秋葉原はいつもどおり輝いていました

ベルサール秋葉原1Fイベントスペース
すごいしっかりした設営されていて驚きました

さぁ入って行きましょう

この写真は開場直後のため人はあまりいません
全体的に暗くダークな会場
いい雰囲気です

左からステッカー、グローブ、リブロムブックカバー

体験はこんな感じで行われます
お姉さん可愛いですよ

こちらはステージ
ここで稲船Pなどとの共闘も行わました

私は秋葉原大会ではハーピーを体験し、なぜか筆者岡野の体力がゼロとなり渋々帰投
新宿大会でのリベンジを誓ったのでした


<新宿大会>

3月24日
新宿のド真ん中
新宿ステーションスクエアにて行われました

始まりから終わりまでいましたが、人の通りが絶えません
ゲーム目的ではない方も足を止めて見ていたり、体験していかれる方も多かったので、いいアピールになったのではないでしょうか

真・共闘体験と題して行われた開発陣との共闘
この日は3回行われました
下川ディレクター格好いいですね
抱かれたいです

こちらは赤い玉
なんでしょうね

そしてこちらをゲット
つまりステージで開発陣と共闘できるということです

日も陰り寒くなってきたころ、私ともう一人のユーザーさん、下川ディレクターと鈴木ディレクター
4人の共闘が開始
敵の魔物は4月に配信される「デュラハン」


4月に実施されるアップデート仕様のROMでプレイしました
アップデートで追加される新たな禁術「ベルセルク」も確認
非常にシュールで面白い禁術ですよ
わかりにくいですがこちらがその様子
脳みそを代償にするため、この禁術を使用すると供物の認識ができなくなります
ユニークですね

デュラハンの感想を少しだけ
非常に強力な魔物でした
身体が大きく武器のリーチも長い
攻撃の猛ラッシュの連続で油断するとあっという間に全滅してしまいます
これはやりごたえのある敵ですよ

結果としては全滅
私は近距離重視の装備だったんですが回復する隙をくれません
更にフィールドがある魔法使いの身体の中という設定で、いるだけで体力が減ります
瀕死の味方を救済した直後すぐ回復しないと瀕死になります

私ともう一人のユーザーさんで死にまくって禁術や生贄も使って行きましたが残念ながら失敗
ぜひとも自分のデータでリベンジしたいです


私が共闘を終えるともう空も暗くなっていました

そこで無理を言って、共闘してくださった二人のディレクターのサインをいただきました

上から
株式会社Concept 下川輝宏ディレクター
株式会社マーベラスAQL 鈴木一徹デベロップメントディレクター
お二方ありがとうございました


さらに抽選では今にも喋り出しそうなリブロムのブックカバーを当てました


こういう開発陣とのマルチプレイの企画はファンにとっては嬉しい企画です
更に新宿の非常に目立つ場所での開催で、いい宣伝にもなったのではないでしょうか
今後こういうイベントをどんどん開催してほしいですね

ソウルサクリファイスは私も購入しプレイしていますが、オススメのタイトルです
まだまだ可能性を秘めているタイトルだと思うので応援していきたいと思います


<ソウルサクリファイス関連記事>

ソウルサクリファイスレビュー

PSVitaを持ってないけどどうなのよ、という方はこちらの特集記事をどうぞ

(両方共ロジオン氏の記事です)


尚、この記事の執筆編集は岡野朔太郎が行なっています
ツイッターはこちら

この記事について意見、思ったことなど、Twitterにお寄せ下さい





0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Popular Posts

Reader