2013年6月26日水曜日

【共闘学園】行ってきたぞ!レポート【PSVita】


共闘学園

行ってきたぞ!レポート



2013年6月23日、ベルサール秋葉原にて「共闘学園」なるものが開校されたぞ!
筆者岡野も開校式には参加できなかったが顔を出すことができたので、写真と共にレポートしよう

まずは会場の様子だ
このベルサール秋葉原は、共闘サミットなど他のイベントでもお世話になっている
1Fが開放的になっているのが特徴で、ここでイベントを行うことは大きな宣伝にもなるだろう


こちらが共闘学園の・・・校門・・・?だ・・・・・・
たくさんの人が足を止めていってくれているぞ



学園バスもあるぞ!
実際に走行はしてないがな!



そして共闘学園が誇る共闘先生の銅像だ!
結構真顔だ!
真顔だ
ただ顔認証機能はこれを顔と認識しなかった


ここでは学生証の発行ができるぞ!


6月27日発売予定「討鬼伝」に登場する武具のレプリカだ
なかなかいい出来具合だ



当日開校式で行われたトーナメントの優勝賞品「黄金のケルベロス」だ
世界に4つしかない!    
                                  と思うぞ



共闘先生のCOLOR写真だ
イケてるだろう



共闘十ヶ条



一.いつ何時もPSvitaの充電を満タンにしておくべし。
 充電の切れ目は、縁の切れ目だと思うべし。

二.親指の爪は常に短く整えるべし。
 爪は決して立てず、指の腹で心をこめて押すべし。

三.共闘中は、先輩も後輩も関係ないと心得るべし。
 ただ、タメ口は後で気まずくなると心得るべし、

四.初心者は、積極的に助けるべし。
 たとえ同性であっても、
 姉がカワイイかもしれないと考えるべし。

五.回復してもらった時は、感謝を伝えるべし。
 その気持を忘れると、
 ダメな大人になると思うべし。

六.貢献度ゼロでも、勝利の喜びは派手にすべし。
 指摘されたら、次から本気だすと言うべし。

七.いつもの仲間が、別の人と共闘していても
 嫉妬するべからず。
 意地にならず、輪に入るべし。

八,時には一人で武者修行に出るべし。
 成長して、夏休み明けに
 アカ抜けた人の気分を味わうべし。

九.フレンド登録は100人を目指すべし。
 いずれ、100人共闘ゲームが出ることを想定すべし。

十.初対面の人とは友となり、永遠の共闘を使うべし。
 いつ何時も、運命の出会いに備えるべし。

結構いいこと書いてあるじゃないか
心に止めておこう


会場内では「共闘パン」なるものが販売されていた
4つの味が楽しめるが、1つは激辛カレーだ
辛かったぞ・・・食後40分は胃と食道がヒリヒリして汗が出ていた。
危険だ。



会場内には共闘スペースも設置
発売済みのソルサクで盛り上がっているグループがいたぞ
やはりインターネットマルチもいいが、実際に顔を合わせてプレイするのもいいものだ。




こちらは美術大学の生徒さんが描いた黒板だ
チョークだぞ、チョークでここまででできるんだぞ。
チョークはすごいんだ。



こちらは討鬼伝より「ゴウエンマ」


こちらはドラゴンズクラウンより「ワイバーン」



こちらはラグナロクオデッセイエースより「フルングニル」



そしてソウルサクリファイスより「ケルベロス」




こちらはドラゴンズクラウンの体験ブースだ
もちろん4人での共闘だ!



こちらは共闘(マルチプレイ)としては初出展となるラグナロクオデッセイエースの試遊ブース
恐らく試遊可能4タイトルの中で一番人気だっただろう


鬼組
(討鬼伝試遊)
ミフチを体験するこができた
鎖鎌で翻弄してやったぞ!


魂組
(ソウルサクリファイス試遊)
6月20日に配信されたサキュバスという魔物を試遊できた
1回死んだ
少年が救済してくれたぞ!

サキュバスはトリッキーな動きでミフチとは逆に翻弄された
トリッキーなお前はケルベロスとでも戦っていろと思う



竜組
(ドラゴンズクラウン試遊)



巨人組
(ラグナロクオデッセイエース試遊、ぶれていない)



こちらは視聴覚室として、ゴットイーター2の最新PVがPSVitaで視聴可能だ




このシリーズCMで有名な3人も登場だ

(ご本人達も来ていたようですが時間の都合上会えませんでした)



特に筆者岡野の好きな山田さん
さすが、言うことが違うね。



そして共闘先生が実際に着用していたカブトとジャージ
なんでご本人はこないんだ、なにやってんだ共闘先生!




こちらはゲームを試遊する人に配られるカブト paper.verだ。
かぶった筆者岡野も撮影したがまたの機会にな!



こちらは筆記試験だ
これ結構わからない人いるんじゃないか?



こちらは学生課
体験すると1回、筆記試験合格で1回抽選に参加することが可能で、私は共闘十ヶ条手ぬぐいを3つ当てた。
手ぬぐいが結構でかい

さらにもれなく共闘ステッカーだ
みんなで共闘だ!


<おまけ>


前日の様子

リハーサルしているよう
討鬼伝でしょうか


スタッフぞろぞろ


ゴウエンマを描くお嬢さん


<今回の出展タイトル>

【討鬼伝】

6月27日発売予定



【ラグナロクオデッセイエース】

8月29日発売予定



【ドラゴンズクラウン】

7月25日発売予定

体験キャラバンレポートはこちら
ドラゴンズクラウンのヴァニラウェア制作「朧村正」のレビュー
(ロジオン氏の記事です)


【ソウルサクリファイス】

好評発売中

ソウルサクリファイスレビュー
(ロジオン氏の記事です)
ソウルサクリファイス次回作へ望むこと
(ロジオン氏の記事です)


<今回は出展されなかったけど共闘できるタイトル>

【フリーダムウォーズ】

2014年発売予定
ティザームービー公開中


【ゴットイーター2】

2013年内発売予定
7月25日 体験版配信予定


【ファンタシースターオンライン2】

基本無料配信中
7月17日 エピソード2 アップデート予定


PSVitaでの共闘に熱くなろう!

筆者岡野としては討鬼伝がオススメだ
製品版に引き継ぎ可能な体験版も配信中

是非プレイ、共闘してみてくれ

討鬼伝だけでなく様々なタイトルが発売中、発売予定になっている

今後の共闘先生の動向にも注目したいところだ



こちらの記事での執筆編集撮影は岡野朔太郎が行なっています



0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Reader