2013年9月23日月曜日

【TGS2013】モンスターハンタースマート試遊レポート【iOS】

東京ゲームショウ2013
試遊レポート第四弾
モンスターハンタースマート(iOS)





初めての「モロソーシャル」じゃないモンハンのソーシャルゲーム。
今流行の、パズドラのようなソーシャルシステム。
つまり人とのつながりは希薄。

さて、肝心なのはゲーム内容。
今回はアオアシラ、リオレウス、レイドリオレウス。の3つのクエストを体験することができました。

まずメニュー画面で驚いたのが美麗なグラフィック。
メニュー画面に大きくキャラクターが表示されています。

これがなかなか綺麗。せっかくだしちゃんとビューアを作ってじっくり眺められるようにして欲しい。

クエストに行くハンターは試遊版では合計3人。恐らく2人はフレンドなどの他のプレイヤー。
クエストはだいたい小型狩猟→エリア移動→小型狩猟→大型狩猟、という流れ。

攻撃方法はモンスターをタップのみ。
それだけでキャラクターが自動で斬りかかってくれます。
手軽。
移動も同様で、行きたい場所にタップすると自動で移動。
採掘や採取もポイントをタップするだけで自動。

家庭用ゲーム版とは違う、エフェクトでの過剰演出がなされています。自分で動かしてない代わりに爽快感を出しているのでしょう。

しかし、自分で動かしてないのに、レウスの尻尾ぶんまわしなどを回避したりするのは、見ていて結構楽しいものです。

さらに画面下に3つのスキルボタンがある。これをタップすると、会心の一撃!といった特殊攻撃が発動されます。
3つは各ハンターのものです。フレンドのハンターのスキルなどの各フレンドの設定したものでしょう。

大型を狩猟している最中に、特殊演出があります。
アオアシラでは、掴まれ攻撃をされ、画面をこする。
リオレウスでは、火球を左右へのタップで回避する。
他のモンスターにもあるでしょうが、火球からの回避などは、タイミングを合わせるなど、アクション性を持たせて欲しかったです。

大型を狩猟し終えたあとは、剥ぎ取り。
これも自動です。
レア素材を手に入れることによって、強力な武器がてにはいります。
(試遊版では、レウスのハンマー、アオアシラの太刀を入手)

そして最後にレイドクエスト。
恐らく時限だったり特殊イベントのようなクエストだと思われます。
十数人のハンターで強化されたリオレウスを狩ります。
もちろんその十数人のハンター各個がスキルを持っています。
そのスキルをバンバン発動させていくというもので、これがなかなか無双している感じで面白い。
あっという間に終わります。


全体的な印象としては、移動を少し削っていいと感じました。
全ての雑魚モンスターは倒し終わったら自動で次のエリアに移動して欲しい。
これが結構手間になって、手軽さを殺しています。

更に欲しいのが本編との連動。
アイテムなどの一部を、本編へ持って行けたり、オトモアイルーなども育成も、こちらへ登場、同期させたりなど、そういうこともあれば面白いでしょう。

十分暇つぶしにはなりますし、なにより武器や装備を集め眺める喜びは健在です。
うまく展開していって欲しいです。




<製品情報>

モンスターハンタースマート

iOS6.0以降対応

iPhone4S/5・iPod touch第五世代以降・iPad2以降

2013年秋配信予定

基本無料のアイテム課金制

公式サイト

事前登録受付中


こちらの記事での執筆編集撮影は岡野朔太郎が行なっています
ご意見ご感想は、コメント、Twitterへお願いします。




0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Popular Posts

Reader