2013年10月20日日曜日

【UBIDAY2013】アサシンクリード4試遊レポート【PS4】

アサシンクリード4
ブラックフラッグ
UBIDAY2013試遊レポート



2013年10月20日、降りしきる雨の中、東京秋葉原でUBIオンリーのイベント「UBIDAY2013」が開催されました。アサシンクリード4としては日本で二回目の出展。

次世代機のPS4ということもあって24台大勢での展開。
にも関わらず45分待ち
筆者岡野はTGSでプレイしそびれましたが、今回はしっかりプレイしてきましたよ!



今回の試遊版ではジャングルを抜け、海外沿いに停泊している船の船長を暗殺するというミッション。

グラフィックは言わずもがな綺麗。透き通ったブルーのカリブ海は、アサシンクリード4で見ることができます。

操作方法は過去作と同じ。
移動、カメラは左右スティックで、走るのはR2、攻撃は□。武器変更は十字キー。
どこぞのFPSシリーズのように変わってません。更に複雑な操作を必要としないので、シリーズ初心者の方でも簡単にプレイしていただく事ができます。


プレイしていてやはりアサシンクリードの大きな魅力の一つである、流れるような移動。

R2を押してスティックを倒すだけで、壁や出っ張り、屋根の上へ自動で動いてくれます。

今回の試遊では、過去作では見られなかったらジャングル。
ツタの茂る遺跡や崖、太い幹やツタを華麗に移動する主人公「エドワード・ケンウェイ」
あ、このエドワードは立ち止まってます。


一瞬「アンチャーテッドかい!」と突っ込みたくなりますが、アンチャーテッドのように崖を見つけてこっちに飛んであっちに飛んでホイホイホイといった感じではなく、スティックを倒せばその方向にスルスルと登ってくれるところはアサシンクリードならでは。

更に過去作で、敵の目をあざむくために、民衆に紛れる。という要素がありました。
ミッションを攻略するうえで重要なポイントです。
それが今回は草むらになっています。そこでは口笛を吹いて敵をおびき寄せ、更にその草むらに引きずり込んで暗殺することも可能。


敵の目をあざむく方法は他にもあり、ジャングルならではの「木」もその一つ。

木の幹に隠れ、口笛を吹き敵をおびき寄せ、木を登り、寄ってきた敵を上から華麗に暗殺!
なんてことも可能に。
暗殺の選択肢は更に増えました。


ジャングルを抜け、海岸へ行くと豪華な船が。

海から回り、船に忍び寄り、マストから華麗にアサシンブレードで暗殺。
ここで試遊は終了


次世代機に移行するにあたって大きな驚きはグラフィックのみでしたが、・・・とはいえまだ現行機とのマルチ展開でしたね。

今回の試遊で、真新しさはありませんでしたが、着実に一歩ずつ進化している印象を受けました。

更にSCEのカンファレンスではアサシンクリード4をPSVitaのリモートプレイで動かしていました、このレベルのゲームが外でも遊べるなんて、すごい時代になったもんです。


会場ではこんなユニークなコラボフードも
この唐揚げマジでおいしかった
歴代のパッケージデザインの展示も
暗殺者×海賊
エドワードと黒ひげ
エンターブレインの直販サイト「エビテン」限定版に同梱されるエドワードのアクションフィギュア
商品ページはこちら

カッコイイだろ?携帯の壁紙にしていいぜ?

<製品情報>

アサシンクリード4ブラックフラッグ

PS3・Xbox360・WiiU 2013年
2013年11月28日発売予定

PS3版をご購入の方はPS4・ダウンロード版を1000円でダウンロードできます

PS4
2014年2月22日発売予定

XboxONE
発売日未定

公式サイト
http://www.ubisoft.co.jp/ac4/index.html

こちらの記事での執筆編集は岡野朔太郎が行なっています
ご意見ご感想は、コメント、Twitterへお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Popular Posts

Reader