2014年3月2日日曜日

ソウルサクリFES行ってきました


イベント出無精なわたくしロジオンと現地特攻隊の岡野朔太郎君とソウルサクリFES行ってきました。

とりあえず想像以上の人の多さで、びびりました。

第一滅茶苦茶天気も悪いのに!

入場すると所属する組織に対応したプラスチック製のカードがもらえるのですが、

僕等が入る直前でグリムカードが無くなってしまって相当グリム人気ですね。

レッドフードはかわいいし、第一人の生死を運命に任せるってところもせこくていいですよね。

僕はもう生粋のアヴァロンの魔法使いなんでそんなせこい八方美人組織には所属しないけれど、

運命選択は積極的に使用していきたいですよ。

「私どっちか決められない~><」とか言いながら運命を選択して生贄が選ばれたら

「計画通り(ニヤリ)」って感じじゃないですか!使い方間違ってますかね?

とりあえず僕はこのゲームからは自分に一つのルールを課そうと思っていて、サンクチュアリの魔法使いはどんなタイミングであっても生贄にするというロールプレイですね。

実際そういうのって嫌な魔法使いだからロールプレイを貫徹するのって難しいんですよ。

でもやっぱりアヴァロンは他二組織と対立しているけれど、特に救済を絶対正義としているサンクチュアリとは絶対に反りが合わないと思うんですよ。

というわけで世界の設定とゲームシステムとがバチッと合っているのでロールプレイのし甲斐があるわけよ!

だから中々苦行になるだろうけれど、なんとかしてこのルールはなるべく守っていきたいですね!

前回は僕は魔寄りの魔法使いだから死にやすいんですが、その戦闘で一回でも自分が死んで救済されたら、その戦闘で他の魔法使いが死んでも余程のチャンスでもない限り生贄にはしない、というルールを課していました。何故かと言うと自分が助けられたのに他人を簡単に生贄にするのはスゴイださっぴい行為だと思ったからですね。

なんかゲーム内で単純なルールを自分に課すとまた目的意識が生まれて面白いと思いますよ。

こういうゲームは特にロールプレイが生きてくると思う。


①試遊
そんなわけで前置きが長くなってしまいましたが、ソルサクフェス順々に書いてこうと思います。

ソルサクフェスはいつもの共闘学園のイベントの時と違って中々緊張感がありましたね。

想定外の人の多さにより会場スタッフもかなり慌ただしく動いておりました。

人が多すぎてフリースペースも本来の意図した役目とは全然違う感じになってましたね。

フリースペースで皆でゲームをプレイしようぜ!って感じではないし、飯を食うのも厳しかったね。

なので入場しても手持無沙汰だったのでとりあえず試遊を体験する事にしました。

あんまり敵の行動パターンが分かってしまっても製品版遊んだ時につまらなくなってしまうので

カエルの王様ではなく、三匹の子豚を選びました。

三匹の子豚は恐らく序盤で出てくる方の奴だからなのか一瞬で倒し終わっちゃいました。

にこにこ生中継が始まる直前あたりのΔの魔物の紹介あたりで三匹の子豚を紹介する時に「家畜の豚以下の存在」みたいな見出しが出ていたので、自分の事を言われてるようで胸が痛くなりましたね。


他のプレイヤーさんがやってた時にじっくり画面を見ていたのですが、重ね重ねVitaTVに於けるソルサクデルタはすごい。

特にガイドさんのキャラクターがレッドフードの衣装を着たキャラクターだったのですが衣装の模様が凄い!細かすぎる!そして美しすぎる!画面が引き伸ばされた事によるジャギは一切なく、

むしろ細かい模様などがより詳細にはっきり分かるといった具合です。

ただ、地面評論家の岡野氏からするとソルサクは地面がしょぼいらしいです。

他にもソルサクの地面がしょぼい、という人がいるので次世代機などで高級な水や地面を見ている人にとっては確かに厳しいところがあるのかもしれません。

地面の美しさにうとい自分でもソルサク初期の地面はあんまりねって感じあったからね。

でもデルタだと初代と比べてもフィールド、地面はかなりよくなってると思うんだけど。

個人的にはそこに労力を割くなら"美しいキャラクター、格好良い魔物"にする事に最大限に注力してほしいタイプなので、とても良いです。

VitaTVでもやりたくなります。

あとガイドさんのキャラの顔が一瞬凄いアップになった時があったのですが、あれは新しい顔だったような・・・?随分綺麗なタイプの顔だったと思うけれど、ほんの一瞬だったので新しい顔じゃなくてタイプ1の顔かもしれないので、ここは「もしかしたら・・・」くらいのニュアンスで解釈していただければ。

剛腕は使用感が初代より更にもう少し重たい感じになったかな?と感じたのですが、これも実際はどうかわかりません。(駄目じゃん!)

ちなみに豚は炎が弱点でした。

あとキャラの見た目を好きなのにしてくださいと言われたので、自由に動かせる時間が少しだけあったんですが、魔法大典?だっけ?そこを押したら開けちゃったので、「お、これ開いてみちゃたったらやばいな」と思ってすぐ閉じてしまいました。

あと智力がうんたらとかいうのもパッと見た感じで多少理解出来ましたが、
う~ん、これ書いていいのかなぁ。もしかしたら同系統の供物の所持ピーーーーーーーーーーーーーーーーーー

放送事故です。

まぁ試遊はこんな感じでした。

戦況変化も氷のフィールドで起こったのですが、すぐ倒し終わっちゃったので何に作用したのか分からなかったですね。

もう少し、わざと負ける感じでプレイすればよかったなと若干後悔しております。

可愛らしいおねいさんの前で格好良いところを見せてやるぜ!みたいな○○っぽい思考丸出しでプレイしてしまいました。

大体アヴァロンの魔法使いなのに聖にレベル15も振ってあんのはおかしいだろ!
ダメージ全然食らわなかったもん。

とは言えあと4日したら、全部分かる事だし!

②アートギャラリー
今まで壁紙として配信された絵から未公開の絵まで、色々ありました。

これのために行く価値はあるんじゃないかな!

だけど俺は東京だけど当日仕事があって行けなかったとか、関東民だけど六本木は遠すぎるぜ、という人のためにばっちり写真撮ってきたぜ。

撮ったのは俺じゃないけどな。

禁呪ベルセルクのアートワークはここで初めてのお披露目!!
※画像は全てクリックすると拡大して見る事が出来ます

③巨大赤ずきんやコスプレイヤーさんなどなど
このイベントの目玉の赤ずきんの置き物。

しかしフェス前夜のユーストリームでの放送では宣伝広報担当の北尾氏のでかさが際立っておりました。

赤ずきんとこんだけしか違わないのか!と。

ドーン

ちなみにこのコスプレイヤー三方は、キャラのイメージを崩さないために喋ってはいけないそうです。

ニミュエの格好をしている人は最初赤ずきんの置き物のところにいたのですが、
最初やたらと不機嫌だなぁ、彼氏にまたされてんのか?と思ったらそう言う事だそうです。

まぁニミュエさん、ツンデレだしぴったりだよね。

ちなみにレッドフードの格好をした人は写真より実物の方がイケてます。これホント。


生のイトキチ氏です。

コスプレイヤーさんに絡むシーンがあったんですが、温度差が半端無くてそれが面白かったです。

左の人は・・・よく知らないですけどインドカレー屋さんとかですかね!?


生の北尾氏。髪型が素晴らしいですよ。

④イベント配布アイテム
まず「奴隷の法衣」は無料配信が決定したらしいです。
このアイテムコードとカードを目当てにいった僕ですが、流石にコスチュームアイテムがイベント限定というのはちょっとかわいそうだなと思っていたので、安心しました。
自分はカードを入手出来たのでジャージを手に入れられる権利はあったのですが、時間の都合上帰らざるをえなかったのでかえってしまいました。
ジャージ手に入れた人うらやましいぜ!

⑤終わりに
人の多さにとにかく驚きました。ソルサク最初期の頃より確実に盛り上がっている感じで、これが実際デルタの流行と今後にもつながってほしいな~と願わざるを得ませんでした。
何故かと言うとソルサク、既に2も構想があるようだし、一作目とそのアップグレード版で終わるには余りにも勿体ない巨大な世界を持っているし、ある種旧世代のゲームプレイヤーにとってみれば当たり前だった感覚がきちんと盛り込まれているからです。
前作1000円までの値下げやこういったイベントなどをここまで行えばあとはゲームが発売され、ゲームプレイヤーがどれだけこのゲームを面白い!と実感し、周りの人に当たり前のようにこのゲームを面白い!と言えるゲームになっているかだけだな、という風に思いました。
デルタは他のアップグレード版と比べると、他のアップグレード版が車両を一つ継ぎ足す、という感覚のものだとしたらデルタは内部的に更に密度の濃いものにしようとしている、言うなればぱんぱんの風船にしようとしている、という風に現段階では漠然と受けとめています。
いよいよ世界の始まりまであと4日。ゲームの世界でお会いしましょう。

筆者:ロジオン
写真:岡野


0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Popular Posts

Reader