2014年12月31日水曜日

2015年の買うべきゲームはこれだ!


2015年に買うべきゲームはこれだ!



こんばんわ。岡野です。
2014年もお世話になりました。

2014年は日本で次世代ゲーム機「PS4」と「XBOXONE」が発売されました。
一部のコアユーザーにしか普及していませんが、これから様々なタイトルが増え、今までのライトユーザーのあり方も変わってくるかもしれません。

そしてスマートフォン向けゲーム。
スマートフォンという手軽なデバイスで、どれだけ快適で革新的な遊びを提供できるか。
「ソーシャルゲーム」もはやカードを集めてポチポチするものではなくなっています。
そしてコンシューマ機はどう違いをつけていくか。コントローラーでガッツリゲームをプレイするという楽しさとはなにか。

2015年はコンシューマ機にとっては移行期が終わり、次世代機にシフトしていく年だと思います。
来年のTGS、E3を始めとしたイベントで、どんなタイトルが飛び出すのか、今から楽しみです。


2015年もゲームが好きでいれますように

というわけで来年買うべきゲームソフト5選!


1.The Witcher3 Wild Hunt (ウィッチャー3 ワイルドハント

2.Tom Clancy,s TheDivision (ディビジョン

3.アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

4.METAL GEAR SOLIDV THE PHANTOM PAIN

5.BATTLEFIELD HARDLINE


このブログのもう一人の管理人であるロジオンさんの来年買うべきゲームはこちらから。
http://huteikigame.blogspot.jp/2014/12/blog-post.html


1.ウィッチャー3 ワイルドハント



E32014のMSカンファレンスで公開されたこちらのムービーで度肝を抜かれました。

世界観やキャラクター、敵の雰囲気までもがズッシリしているように感じられる作品。
戦略的でありアクション性も高そう。
今からこの重厚な世界を冒険できることが楽しみです。

公式サイト:http://www.spike-chunsoft.co.jp/witcher3/index.php
(発売日が延期され未定になりました) PS4・XBOXONE・PC



2.TheDivision(ディビジョン)

UBISOFTの新たな挑戦
荒廃したニューヨークを舞台に繰り広げられるMMOシューター
世界観もさることながら、廃墟✕雪という素晴らしい組み合わせとグラフィックが期待できる作品。
コンパニオンアプリを使った新しい遊び方や、MMOならではの要素に期待。


公式サイト:http://www.ubisoft.co.jp/division/
2015年発売予定 PS4・XBOXONE・PC


3.アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

この手のゲームはロケーションの魅力と直感的なプレイが魅力。
それらの着実な進化を見ることのできるプレイムービーが公開されています。

あれほどまでに確立されたシステムでは、進化させるところは少なくただストーリーの続きを待つだけになりがち。
そこをどう打破してくれるかがポイント。
プレイムービーを見る限り、ピックを使ったアクションやロープを使って降りながら攻撃等、様々なアクションが用意されているよう。
更にはサブタイトル(A Thiefs End)の意味や、少し雰囲気の違うキャラクターにも注目。

公式サイト:http://www.jp.playstation.com/scej/title/uncharted/
2015年発売予定 PS4


4.メタルギアソリッドV ファントムペイン

言わずもがな5選に入る。
この作品はぜひとも広い視野を持って遊んでいただきたい。
MGSV:GZでは狭いフィールドの中を自由に動くというものだった。
しかしTPPになれば比べ物にならないほどの広さと戦うことになる。
これまでのMGSのプレイ感を捨て、なにをするべきなのか本能的にこなして行って欲しいと思います。

(コジプロは積極的にプレイ映像を配信し、どうプレイすればいいかのお手本を示してくれている。流石。)

オープンワールドとなり自由度が増し、更にストーリーの展開までをも左右する。
そこにどうドラマを生み出してくるかは見ものだし、なによりもスネークがどうなってしまうのか、今から楽しみで心臓が飛び出そう。早いとこ発売してほしい。

公式サイト:http://www.konami.jp/mgs5/tpp/jp/index.php5
PS3・PS4・XBOX360・XBOXONE・PC


5.バトルフィールド ハードライン

この作品は近頃の糞つまらないキャンペーンに殴りこみをかけてくれるだろう!
これまでWW2や近代的な戦争を描いてきたシリーズだが、今作は「犯罪者VS警察」。
まるで海外ドラマのようなPVやカットシーンは期待せざるをえない。
そしてこれまでDICEが手がけてきた開発も、DICEはサポートに徹し、メインはデッドスペースで有名なVisceral Gamesになった。
シリーズ最高のキャンペーンになることは間違いない。
E32014のEAカンファレンスでサプライズとして配信&サービス開始されたベータテスト(現在は終了2015年1月に各プラットフォームでαテスト予定)では、高層ビル街を舞台とした警察と強盗の激しい戦いが見られた。
実際にプレイしたが、このシリーズでスポーツカーやパトカー等を動かせるのは新鮮。
さらにジップラインといったキャンペーンで使えそうなものもマルチで使用可能だ。
これにより今までとは違った感覚を、BATTLEFIELDというプラットフォームで味わうことができる。

公式サイト:http://www.battlefield.com/ja_JP/hardline
2015年3月19日発売予定 PS3・PS4・XBOX360・XBOXONE・PC

バトルフィールド ハードライン(初回特典:ユーティリティ バトルパックDLC同梱)
エレクトロニック・アーツ (2015-03-19)
売り上げランキング: 385



いかがでしたか
2015年買うべきゲーム5選。

もちろんこの5本は岡野が期待しているものです。
これが読んでくれた方の指標になるなら嬉しいことですが、是非ご自分で情報を集めてみてください。
一日一回、ファミ通.comや4gamersを開いて、今日一日どんな情報が公開されたのかチェックしてみてください。
それぞれの記事にはサムネイル(一枚の画像)があります。
それを見てピンときたものを、調べてみてください。
PVや公式サイト、開発者インタビュー等に目向けてみてください。
そして期待できる、欲しいと思ったら、それを周りの人とシェアしてみてください。
ゲームは様々なことを体験できる素晴らしい媒体です。それをもっと豊かなものにして行ってくれたら、一ユーザーとして嬉しい限りです。

「ゲームの限界をまだ誰も知らない」




2014年12月21日

岡野朔太郎



0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Reader