2016年9月20日火曜日

【TGS2016】Horizon Zero Dawn 試遊レポート

Horizon Zero Dawn
TGS2016試遊レポート




今回のSIEブースの試遊の中でも特に人気のタイトルでした。
サポチケ開幕で一番先に乗り込みましたがそれでも1時間半ほど待ちました。
ゲームの紹介は割愛します。PVやらなんやらを御覧ください。

【ゲーム内容】
世界の一角に放り込まれ、表示される目標をクリアしていく形式。
世界はとても狭かったです。試遊版だからってのもあるけど、それにしても狭かった。
少し離れた場所にやぐらのようなものがあったので行って景色を堪能しようとしたら「その先は行ったらゲームリスタートすっぞ」だと。

世界はアサクリ3の山中のような感じ。(雪があるわけではない)
ちょっとした林、小川、丘があるような。

敵の討伐や捕獲、部位の破壊等、複数の目標が設定され、どっから手を付けてもいいよ。という感じ。

操作等々は複雑なので割愛します。
やれることとしては、敵と戦う。捕獲する。走り回る。くらい。

敵は複数配置されていました。
臆病ながら時々攻撃してくる、群れて動くタイプの雑魚。
比較的好戦的な群れて動く日本人タイプの雑魚。
そして中ボス的な、サイバーシールドを持ったタチコマのような見た目の敵。
(エリアが隔離されてるわけではなく、丘でウロウロしてました)

目標を全てクリアしたところで終わってしまいました。
やれるアクションが多かったのでちょっと戸惑ってしまいました。
ちなみに、俺が試遊してるすぐ横ではドラゴンボールのステージイベントでダンディ坂野が出演していました。
ゲッツアンドターンって言ってました。懐かしいですね。

【基本アクション】
移動スピードがスムースで、とても快適です。
また特徴的なのが、段差を自動で乗り越えてくれるということ。
今回のマップでは細かな段差が多いため、このような配慮は嬉しい。
更にジャンプも飛距離が長く、ちょっとした山なんかもヒョイヒョイ登れます。

【攻撃アクション】
まず近接アクションですが、特に歯ごたえがあるわけではありませんでした。
剣での弱攻撃と強攻撃の二種。
感覚としてはFF15のよう。
エフェクトがキレイで流れるような攻撃を繰り出せます。
攻撃と回避のメリハリはしっかりしています。しかしその分、細かな立ち回りの調整は効かず、立ち回り自体は単調でありきたりなものになっていました。
ここだけ取り上げるとPS2のゲームみたいなアクション。

遠距離アクション。弓で敵を撃つことができます。
通常のボルト・火炎ボルト・なんか強いボルトの3種類。
敵の足止め等に活用できます。
ここで特徴的なのが、R3ボタンを押すことによって一定時間、時間の流れを遅くすることができる機能。(任意で解除可能)通常の雑魚敵も弓で一つの部位を狙うのは難しいので多用することとなります。敵が自身の周囲に対する範囲攻撃をしてきた際などに強ボルトを弱点に撃ち込む等、一歩引いた時点での立ち回りは面白いです。
また、火炎ボルトでむき出しの電池のような部分を撃つと爆発したり、近接では届かない部分を壊したりと、活用方法が多いのも特徴の一つです。
ただ大きなダメージソースにはなりえないので、近接攻撃の合間に使うことを強いられます。

またキャプチャーボルトというものが存在しており、敵を長時間足止めしたり、ちょっとした雑魚ならそのまま倒せたりもします。
こちらの存在に気付いたらすぐに逃げ出す奴がいたので、そいつに使ってやりました。大型のボス戦では役に立ちそうです。

【感想】
短期目標が設定されてても長期的目標が設定されてないと、やる気って出ないよね。
という印象でした。
でもその短期目標がやってるだけで面白い!というのなら良いんですよ。ゲームっていうものもそういうものだし。
特に歯ごたえがあるわけでもなく、殴ってるだけで楽しい!っていうわけでもない。
過大評価されすぎでは?と思ってしまいました。
少なくとも、TGSのサポチケで開幕の一本をこれにする価値はなかったかと。

虚無感を感じただけで、ただただつまらないわけではなかったです。
例えば、自分の武器のために倒すとかなら、ゲームとして遊べるでしょうし、あるポイントへの到達が目的なら「へぇー道中でこんなこともできるんだ」と思えた。
体験版としてモチベを上げる要素が少なかったのかな。と。
ゲーム本編でここに来るのとじゃまた意識が大きく異なりますからね。
そしてグラフィックはキレイでした。
色彩豊かな風景はとても絵になります。
そしてそこに住む機械的なキャラクターも興味をそそられます。
また主人公の持つ武器もメカティックであり、滅びた人類とは対極的な雰囲気が、男心を刺激します。

もちろん今回の試遊版は極々一部なので、また製品版をやれば印象は変わってくるでしょう。
その時はまたレビューしたいと思います・・・。

<製品情報>
Horizon Zero Dawn
2017年3月2日発売予定
公式サイト


筆者:岡野

0 件のコメント:

コメントを投稿

About this blog

Translate

Popular Posts

Reader